協働事業制度  

協働事業とは、市民の皆さんが、市のまちづくり活動に参加する手法の一つです。市民活動団体が持つ知識や技術をまちづくりに活動するため、市民活動団体と市が対等な立場で協働して取り組みます。

詳細は→平成28年度版 協働事業ガイドブック~こらぼガイド~ [1377KB pdfファイル]    

 

平成29年度から開始する市提案型協働事業の公開募集が始まりました! NEW!

興味がある団体の方は、4月28日(木)までに市民協働推進課に事前相談してください。各事業の詳細は、下記の公開募集事業一覧をご参照ください。 

 

協働事業には2種類の提案方法があります。 

 

市民提案型協働事業

市提案型協働事業

    内容

市民活動団体が市に提案する事業

市民活動団体の自由な発想により、地域の課題解決や市民満足度の向上につながることが期待できる事業

市が、協働実施を期待する事務事業を公開し、市と協働実施する市民活動団体を募集する事業

平成28年度は、平成29年度から開始する事業について、市民活動団体を募集します。

テーマ   自由な題材で提案

公開募集事業一覧 [865KB pdfファイル] から選んで申請

申込時期

随時受付

ただし、事業実施希望日の4か月前までに市民協働推進課に相談

4月28日(木)までに、市民協働推進課に事前相談を行い、5月31日(金)までに申請書を提出

 

<協働事業の特性>

① 公益的又は社会貢献的な事業であって、市民活動団体及び市が協働して取り組むことによって地域的又は社会的な課題の解決が図られる事業

② 市民の満足度が高まり、具体的な効果又は成果が期待できる事業

③ 市民活動団体及び市それぞれの役割分担が明確かつ適切であって、市民協働により実施することで相乗効果が高まる事業

     <協働事業の申請様式>

協働事業申請書(第1号様式) [36KB docファイル]   

協働事業計画書(第2号様式) [18KB docxファイル]  

協働事業収支予算書(第3号様式) [42KB docファイル]  

団体の概要書(第4号様式) [34KB docファイル] 

 

ひと・まちづくり助成事業制度

 市民の皆さんが「地域づくり」や「ひとづくり」のために行う事業について、その経費の一部を補助する制度です。こちらから

  

市民協働プロモーション事業制度

 「市提案型」協働事業として実施した事業のうち、事業完了後も引き続き市民活動団体と市が協議して実施することにより、市民活動団体の知識と技術をまちづくりに活用できると認められる事業は、改めて市民協働プロモーション事業として実施団体を公募し、事業を継続しています。こちらから

 

協働事業実施評価制度

これまで実施してきた協働事業について、実績を評価し公表します。こちらから