平成17年3月に策定した「千歳市公営住宅ストック総合活用計画」を包含し、市営住宅をより長く良好な状態で活用していくための方策として、平成24年度に「千歳市公営住宅等長寿命化計画」を策定しました。

 これまでは公営住宅法で定められる耐用年限の2分の1以上を経過した場合、建て替えるという建設中心の考え方でしたが、長寿命化計画とは従前の建替え中心の考えに捉われることなく、既存の建物等を予防保全の考えを取り入れながら良好な状態で維持・管理していこうとするものです。

 また、本計画はストック総合活用計画を包含しており、平成25年度から10年間を計画期間として市営住宅全般にわたる管理方針を示しています。ただし、今後の社会・経済情勢に応じ、概ね5年を目途に検証のうえ見直すこととしています。

 

 千歳市公営住宅等長寿命化計画(概要版) [2178KB pdfファイル] 

 

以下のファイルは情報量が大きいため、ダウンロードする場合はパソコン等の保存容量等を確認のうえ、実行してください。

 千歳市公営住宅等長寿命化計画(本編) [2963KB pdfファイル]