「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない高齢者の方に対して、臨時的な「高齢者向けの給付金」の支給を行います。

 

1.対象となる方(次の全ての要件に該当する方)

(1)平成27年度分の市町村民税(均等割)が課税されていない方

(2)平成27年度分の市町村民税(均等割)が課税されている方の扶養親族等でない方

(3)昭和27年4月1日までに生まれた方

(4)平成27年1月1日時点で、生活保護制度の被保護者でない方

(ただし、平成27年1月2日から平成28年4月1日までに保護が廃止又は停止された方は、(4)の要件には該当しているとみなします。)

 

2.支給額

対象者1人につき3万円(平成28年度中1回のみの支給です。)

 

3.亡くなられた方の場合

支給が決定される前に亡くなられた方は、支給の対象になりません。

 

4.支給を行う機関

(1)平成27年1月1日時点で住民登録のあった市町村に申請していただき、当該市町村から支給します。

(2)申請方法等は、市町村によって異なりますので、千歳市以外の市町村から支給を受ける方は、当該市町村にご確認ください。

 

5.申請方法

(1)平成28年4月下旬から末日にかけて、対象になると見込まれる方に、申請関係書類を郵送します。

(2)申請関係書類に同封する返信用封筒により、郵送申請していただくことを原則とします。

 

6.申請受付期間

平成28年4月21日(木)から8月22日(月)まで(必着)

 

7.窓口申請

郵送申請を原則としますが、次のとおり、窓口でも受付します。

(1)平成28年4月21日(木)から7月25日(月)まで→千歳市総合福祉センター(市役所の隣の建物です)1階ロビー(臨時給付担当窓口)

(2)平成28年7月26日(火)から8月22日(月)まで→千歳市総合福祉センター3階308号室(臨時給付担当窓口)

(注)いずれも、土、日、祝日を除く午前8時45分から午後5時15分まで。

 

8.申請書の審査

(1)申請書受理後、審査を行い、結果をハガキ又は封書でお知らせします。

(2)支給が決定された場合は、支給日等をお知らせします。

 

9.支給方法

申請書に記載された金融機関口座への振込により、支給します。

 

10.支給日

申請書受理後、概ね1か月半から2か月後に支給します。

 

 

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。

●市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

●ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

●市町村や厚生労働省などが、「高齢者向けの給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。