「図書の森」を紹介します!

 祝梅小学校の図書室は、「図書の森」と名づけられています。1階ホール奥の「図書の森」は、カーペットが敷かれており、座ってゆったりと本が読めるスペースです。貸し出し業務は、休み時間に児童会図書委員会が行っています。また、普段の学習活動でも、調べ学習や読み聞かせなどで活発に利用されています。

 「図書の森」の環境整備は、PTA図書ボランティア「クローバー」のみなさんが担当しています。季節に合わせた楽しい壁面の装飾や、破損本の修理など、児童が楽しく図書閲覧できる環境づくりにご尽力いただいています。また、数年前から「学校司書」が派遣されるようになり、専門的な図書館運営の観点からも、整備が進められています。

 「図書の森」には、PTA研修委員会予算で購入する「PTA図書」も整備されています。定期的に新刊本が揃えられ、市の図書館では予約待ちの「あの本」も、意外にすぐ読むことができる場合も!祝梅小PTAならどなたでも借りることが出来ます。2017年7月より、「1回に3冊まで、1ヶ月間」貸し出しますので、ご来校の際は棚をのぞいてみてください。

2017年10月31日ハロウィンお話会の様子です。
中休みと昼休みの2回実施。司書さんの選んだ「ハロウィン」の本たち!
お話を読んでもらうのって、楽しいですね。参加した子どもたちには、しおりがプレゼントされました。
2017年9月図書ボランティア「クローバー」さんの作業の様子です。季節にあった壁面装飾を、いつも工夫してくれます。
3冊を1ヶ月間借りることが出来ます。たくさんご利用ください。料理のレシピもそろっています!
絵本も充実しています。思い思いに手に取り閲覧する子どもたちです。