サケ旅立ち集会 岡山の友達を迎えて!

 2017年3月22日(水)、サケのふるさと千歳水族館において「サケ旅立ち集会」が行われました。西大寺ライオンズクラブから2名、岡山県岡山市立西大寺南小学校から2名の児童と1名の先生をお迎えしました。迎える側は、千歳中央ライオンズクラブ、祝梅小学校・高台小学校・千歳第二小学校の児童と先生、そして、サケのふるさと千歳水族館のスタッフです。

 岡山からお越しの皆様、北海道の空気や風景はいかがだったでしょう?サケをきっかけにつながった私たちの交流が、これからもずっと続くことを願っています。千歳・岡山のライオンズクラブの皆様、サケのふるさと千歳水族館の皆様、本当にありがとうございました。

3月22日はお天気も良く、晴れやかな気分でお客様を迎えることができました。
千歳中央ライオンズクラブ・祝梅小学校・高台小学校・千歳第二小学校、そして「サケのふるさと千歳水族館」が、岡山からの友達と鮭の稚魚を迎えます。
西大寺南小学校の代表2名(5年生)と引率の先生、西大寺ライオンズクラブのみなさんの到着です。
岡山から来ると、やっぱり北海道は寒いのでしょうか?緊張の面持ちですね。
学校の雰囲気とはまた違った場所で、セレモニーが始まります。うまく進行できるでしょうか?
会の司会進行は、祝梅小学校の児童会副会長(2016年度後期)です。
千歳第二小学校からは、2年生が「サケの観察記録」を発表しました。2年生は国語でも「さけが大きくなるまで」を学習します。
高台小学校からは、この集会に参加したい人を募集しました。8人の6年生が立派な発表をしました。
西大寺南小学校からの発表です。学校のこと、地域のことなど、岡山に関する発表に、参加者一同ふ~ん、なるほど!
菊池館長からは専門的なお話も!サケはこんなルートを通って、千歳に帰ってくるのですよ!
さぁ、放流!みんな、元気に帰っておいで!千歳川のにおいを覚えて行くんだよ!
岡山の代表も、千歳川に放流します。サケのおかげでたくさんの友達に出会えました。チャンスを作って、また会いたいですね。北海道までお越しいただき、本当にありがとうございました。ライオンズクラブの皆様、ありがとうございました。
サケのふるさと千歳水族館では、この時期放流体験も行っています。近くにお住まいの方、ホームページを確認して出かけてみてはいかがでしょう?