アクセス  お問い合わせ  サイトマップ  利用規約・個人情報 





 学校紹介 行事予定 学校便り 保健便り 活動の様子 PTA活動

学 校 紹 介


千歳市立信濃小学校について紹介します。  

 学校紹介
トップ
校長挨拶  教育目標  学級・児童数  研究に関する
取り組み
 
 校歌・記念讃歌  校章・校木  沿革


教育目標

◎考える子
・自ら進んで学習し、基礎的な力を身につける。
・創意工夫しながら、学習や仕事に取り組む。
・筋道を立てて考え、正しく判断する。

急激に変化する社会にあって心豊かにたくましく生きていく為には、自らの力で課題を解決していく意欲を高め、学習の仕方を習得し、創造力・表現力・判断力・思考力等を養い、生涯にわたり学習し続ける意志や態度・能力を育てることが大切である。又、多様化する社会に適応するためには、真実を見分ける力を持ち、科学的、合理的な判断力を身につける事も大切である。学習面・生活面を通じて、良く考え、意欲的・主体的に学習する児童を育てたい。


◎やさしい子
・礼儀正しく、明るく挨拶する。
・思いやりの心を持って行動する。
・美しいものの価値を認め、感動を素直に表現する。

物質的な豊かさや価値観の多様化にともない、特に心の貧しさが指摘され、心が蝕まれている現状が広がっている。又、核家族化の中で育てられた子ども達は他人との人間関係に対処できず傷ついたり、他人の迷惑を考えない自己中心的な態度や連帯意識の希薄さが指摘されている。
 人間関係の基盤である協調精神や連帯感を大切にする子どもを育てるには、自分を大切にすると共に、他人を尊重する気持ちを育てることが大切である。そのためには、自分の所属する集団の中で、自己を確立し、他の人を思いやり、お互いに励まし合い、助け合っていく心の優しさを身につけさせたい。学校・児童会・学級の一員として責任を果たし、共に喜び、共に悲しみを分かち合える子どもを育てたい。

◎がんばる子
・きまりや約束をきちんと守る。
・学級や学校の仕事など、みんなのためになることを進んで行う。

・学習、仕事、運動等を、目標を決めて最後までやり抜く。

 家庭・社会における生活の変化は、子ども達に勤労の尊さを教える面を減少させただけでなく、 自ら身体を動かして働く意欲も乏しくなっている。又、核家族化が進み、過保護の中で育てられた子ども達は、自らを律する厳しさに欠け、社会や他人の為の行動、最後までやり遂げる強い意志、責任感等も乏しくなっている。
 自らを律し、課題に強い意志で主体的に立ち向かい、最後まで責任を持った行動がとれるようなそんな子どもを育てたい。また、キャリア教育推進の視点に立ち、一人一人に将来の夢を持たせるとともに、学校生活のいろいろな活動、地域でのボランティア等を通して、課題に向かう強い意志、勤労の尊さ、他人の為に行動する意義を自覚させ、汗を流す感動や達成の喜びを味合わせ、実行力のある子どもを育てたい。


◎じょうぶな子
・明るく、なかよく、伸び伸びと運動したり遊んだりする。
・健康に注意し、安全に生活しようと心掛ける。
・日頃から身体を鍛えようとする。

 毎日の生活を営む基盤となるものは心身の健康の維持である。常に心身の健康を保つとき、行動に積極性が見られ、心・表情が明るく活気に満ちた生活を送ることができる。
 従って、一人一人の子どもが、自己の健康の増進に積極的に取り組み、身体を鍛え、体力を養い、更に、スポーツ等の習慣化を図って運動能力を高めるなどして、常に明るく活発に活動する子どもを育てたい。