緑小学校ホームページ



ことばの教室とは

 ことばの教室は、ことばやコミュニケーションに問題があるために、本来その子が持っている能力を充分に発揮することができず、学校生活や社会生活の参加に困難をきたすおそれのある子ども達のために、今その子ども達が必要としていることを明確にし、一人一人の子どものニーズに応じて指導していくところです。自分らしさや持っている力、良さをのびのびと発揮できる子どもに育っていくことをねらいとしています。したがって、ことばの教室は、ことばの訓練だけを目的としているところではありません。

ことばやコミュニケーションの問題とは
○正しい発音ができない。くせのある話し方をする。
○口蓋裂や脳性まひのためにうまくお話ができない。
○ことばをくりかえしたり、つっかかったりして、スムーズにお話ができない。
○耳の聞こえが悪いため、人のお話を何回も聞き返したり、うまくお話ができない。
○友達と楽しく遊んだり、、お話をしたりできない。
○年齢の割にことばが遅い。
○自分の言いたいことばかり話、相手の話を聞いたり聞き入れたりしない。
○子ども自身が、ことばのことを気にしているようだ。等々                              

 ことばの問題には、いろいろなタイプがあり、その様子や程度も様々です。しかし、ことばの問題はそのままにしておくと、ことばの問題のタイプにかかわらず、コミュニケーションの不自由さだけでなく、本人の性格や集団における適応、対人関係に大きな影響を及ぼすことになります。


どんな指導をするの? 

 ことばの教室は、子どもが様々な場面でいろいろな人達と楽しく生き生きとコミュニケーションできるようになること、つまり日常生活で人と関わりを持ちながら、自分からお話や活動ができたり、相手のお話を聞いたり一緒に活動できるようになることをめざしています。
 ことばの発達は、情緒、対人関係、理解力、社会性、身体、運動能力などの全体的な発達が基礎となってうながされていきます。子どもがかかえていることばの問題は一人一人様々ですが、子ども達は程度の差はあれ共通してことばのことで屈折した思いを抱いています。逆に心のストレスや人との良い関係がとれないことから、ことばに問題が生じている場合もあります。
 このようなことから、ことばの教室では、子どもの全体の発達をうながす指導、ことばへの直接的な指導を行っています。心の解放を目的とした遊びを中心にすすめることで、ことばに関する直接的な指導をしなくても、ことばが改善あるいは伸びていくこともありますし、ことばの直接的な指導を中心にすすめることで、短期間で指導が終了していくこともあります。どのような指導をどのようにすすめていくかは、一人一人異なります。
 また、ことばの教室では、子どもが家庭や学校、近隣社会でもよりスムーズにコミュニケーションできるよう、保護者への支援や学級担任・関係機関との連携をすすめ、子どもにとってよりよい環境づくりにつとめています。

通級はどうなっているの?

 指導は、1対1の個別指導が原則となっています。校区の学校で教科書等の学習をしながら、週1〜3回決められた曜日、時間に通級します。指導単位時間は45分です。通級時間の決定にあたっては、家庭や学校の事情について情報を得ます。
 通級は、原則として保護者同伴です。これは、ことばの教室でお子さんの様子を見てもらったり、家庭での様子についてお話をうかがったり、子どもがのびのびと生活できる環境を調整していくための話し合いをするためです。
 通級開始や終了は、随時となっています。




指導の様子を外から見ることができます。
指導室の中の様子

通級希望や教育相談について

○ 通級を希望するとき

  まず、教育相談をうけていただきます。この教育相談ではお子さんの様子について検査・観察を行い、また保護者の方からは、お子さんの生育歴や現在の様子についてお話をうかがいます。
 この教育相談の情報・資料に基づいて、千歳市就学指導委員会の意見により、在学校および教育委員会で通級の手続きがとられます。

○ 教育相談の申し込みは

 教育相談は、お子さんのことばで心配なことがある時に相談して頂く機会です。相談を受けたからといって、必ずことばの教室へ通級しなくてはならないということではありません。通級はあくまでも保護者の方の希望によります。
 教育相談は、金曜日に行っています。予約制となっておりますので、申し込みは、ことばの教室までお電話下さい。

п@0123−24−0777 (教室直通)