小中一貫教育

平成29年の小中一貫教育

  ↑こちらをクリック

平成30年の小中一貫教育

 青葉中学校では平成30年度、北海道教育委員会による「小中一貫教育支援事業」および「千歳市小中連携・一貫教育調査研究実践モデル校区指定事業」を受け、日の出小学校、祝梅小学校とともに、コミュニティスクールを基盤とした小中一貫教育を行います。
 中学校区における目指す子ども像の設定及び、小・中学校9年間を通じた教育課程の編成・実施等をすすめ、これまでの小中連携教育をさらに深化し、系統的な教育を目指します。

春休みの学習

 日の出小、祝梅小学校卒業前に学習課題が渡され、青葉中学校入学時に提出します。国語、算数、理科、社会の4教科20ページの課題を全員が提出しています。

三校合同クリーン登校日

 5月2日(水)朝登校時にゴミ拾い活動を行いました。これは平成24年度に「青葉中学校区小中連携協議会」が発足した以来のとりくみで、毎年2回春と秋に実施しています。 朝、ゴミ袋を持って登校する小学生と中学生がすれ違います。校区内を綺麗にしようと、小学生と中学生が一生懸命に活動しながら登校しました。