コミュニティ・スクール(CS)

平成29年度のCSはこちら


コミュニティ・スクール調査研究 2年目(平成30年度)の取組

 コミュニティ・スクール(CS)は「学校運営協議会」を設置している学校のことです。
 知識を応用し、自ら考え解決に向け行動するための思考力・判断力・表現力を持つ人材を育成する仕組みが求められています。そのため、育てたい子供像や目指すべき教育のビジョンを保護者や地域と共有し、協働していく仕組みとして、コミュニティ・スクールがつくられました。

正式に学校運営協議会が立ち上がります

 平成30年2月27日に千歳市学校運営協議会規則が制定され、青葉中学校では以下の15名の委員が千歳市教育委員会において承認されました。
 PTAOB5名、コミュニティ協議会2名、PTA1名、民生委員児童委員協議会2名、地域コーディネーター1名、校区小学校2名、中学校2名
 7月17日14時20分より第1回が開催されます。

 

制度理解をすすめ、効果的継続的なCSを目指します

道CS協議会などに参加し研修をすすめます。

 

CS研究大会に参加

 10月12日全国コミュニティ・スクール研究大会が北海道三笠市において行われます。この大会に、本校教職員および学校運営協議会委員が参加します。


校内体制を整備するとともに、地域と協働して推進する活動を検討します。

①避難所運営訓練を実施します。(町内会に協力を仰ぎ、昨年度と形を変え、実施します。)
②学校行事GB(ゴミバスターズ・ゴミ拾いボランティア)に参加を呼びかけます。(10月18日実施予定)
③家庭学習ボランティアを今年も募集します。(生徒が朝提出した家庭学習を、帰りまでに点検します。)
④小学校夏休み学習会への中学生のボランティアを募集します。(算数などの指導を行います。)
⑤地域行事や児童館などの地域施設への参加、ボランティアの募集を生徒に推奨します

千歳市学校支援地域本部事業「家庭学習ノート点検サポートボランティア」

 夏休み明けから今年度も始まりました。現在1名の体制ですので、さらにご協力をお願いします。

小学校夏休み学習会サポートボランティア

 7月26日祝梅小夏休み学習会に、中学校2年生が小学校1年生の教室に入り、指導を行いました。
 【感想】普段教えてもらう側なので、教える側になってみると新鮮な気持ちを味わうことができた反面、答えが上手く説明できない、相手に伝わらないことに、自分の足りないところを痛感しました。

児童館まつり学生スタッフ

 8月25日北ガス文化ホールで行われ、中学校2年生2名が活動しました。
 【感想】みんなが喜んでくれて、やりがいがありました。

避難所運営訓練を10月豊里町内会と協働で行います。

 来年度以降、他の町内会にも依頼を予定しています。

GBの参加依頼

 10月18日GB(ゴミバスターズ)クラブに、地域・小学生・幼児の参加を依頼します。

避難所運営訓練を地域と合同で行いました

 10月30日(火)避難所運営訓練を豊里町内会と合同で行いました。これは1年生の総合的な学習「地域について学ぶ(防災)」の活動(第13号参照)として行われたものです。昨年度、千歳市町内会連合会による避難所運営訓練が実施され、青葉中学校区を避難所とする豊里、東郊、住吉4丁目、住吉北町内会の皆さんともに、1年生が参加させていただきました。今回はこの取り組みの成果を踏まえ、学校が主体となり、教育課程に位置付け、豊里町内会にご協力いただき実施したものです。
 1年生122名は、4つの仕事を分担して行いました。その後、避難した19名の豊里町内会のみなさんと、炊き出し(非常食)を試食。その後、千歳市役所危機管理課から、「物干し竿を使った担架の作り方」の出前講座を受講しました。

 


①避難所設営(体育館にマット、椅子やテーブルを運び、避難所を設営)


②避難所運営(避難者の確認、医務室・救護室確保、破損状況・備蓄品在庫確認)


③避難者誘導(豊里町内会一時避難場所ハスカップ公園、くるみ公園から避難)

 


④炊き出し準備(調理室にて炊き出し(非常食)の準備

 


 豊里町内会山崎会長さんから「子どもは地域の宝です。地域はみなさんに期待をしています。いっしょに元気なまちを創っていきましょう」とご挨拶いただきました。
「自助・共助・公助」など災害に強い地域づくり、高齢者や障がい者の気持ちを考えるとともに、避難所が開設されたときの中学生の役割を学ぶ活動となりました。

ゴミ拾いボランティアを保育園児とともに行いました

 GB(ゴミ・バスターズクラブ=ごみ拾いボランティア)の2回目を、10月18日(木)1年生40名、2年生21名、3年生11名、新旧役員26名合わせて98名の生徒の参加により、実施しました。今年度も住吉認定こども園の園児に参加いただき、こども園前にあるハスカップ公園で生徒と園児が一緒にゴミや落ち葉を拾いました。


 

保育実習を行いました

 10月19日、22日、23日、3年生全クラスで保育実習を行いました。これは技術・家庭科(家庭分野)「わたしたちの成長と家族・地域」(17時間扱い)のうち3時間で実施するものです。事前に「幼いころを振り返ろう」「幼児の心身の発達と生活を考えよう」「幼児の生活と遊びを知ろう」と学習を重ね、自分の幼いころを振り返り、名札を準備して実習に臨みました。
 保育実習も、住吉認定こども園のご協力をいただき実施。生徒は学校で見せるのとはまた違う表情を見せ、園児と接していました。

 


職場体験を行いました

 10月16、17日、2年生は職場体験を行いました。自分の適性を把握しその伸長を意識するとともに、社会の中で生きる自分について考え課題を見つけることを目的としています。今年度も以下の市内各事業所にお世話になり、実施することができました。ありがとうございました。


 セイコーマート法務部広報室、エルム楽器、千歳フジボウル、千歳市スポーツセンター、千歳水族館、ミカミ美容室、アクラーレミカミ、アプルーヴ、北海道まるごと市場、ごまそば遊鶴千歳北栄店、市立図書館、山三ふじや書店、苫小牧民報社、北央建設、陸上自衛隊、新富デイサービスセンター、祝梅デイサービスセンター、老人ホーム暢寿園、いずみ会北星病院、千歳市消防署、日本航空専門学校、千歳幼稚園、メリー幼稚園、青葉幼稚園、住吉認定こども園、祝梅小学校、日の出小学校、株式会社エルス